花と鳥と自然と手作り。
akagiinago.exblog.jp
ブログトップ
とうとう咲いたフリチラリア。
フリチラリア メレアグリス。

憧れの市松模様のようになる花。
3年かけてようやく見ることができました。

1年目。
チューリップのように簡単に芽がでるものと思ってアルプス乙女の木陰、
クリスマスローズの間をにイングリッシュブルーベルと一緒に植える。
イングリッシュブルーベルは芽が出たものの、フリチラリア全滅。

2年目。
場所が悪いのだろうと、今度は山野草コーナーのクロユリの根元に植える。
1ヶ月ほど経って少し掘ってみると腐った球根が。。。

3年目。
すぐに植え付けずに球根を湿らせたピートモスの中に入れておく。
しばらくすると乾いた球根が大きくなってきたのでもう少し様子をみる。
そのまま芽も根も出ずに球根が腐ってしまう。

今年もダメだと諦めた所でホームセンターの安売りコーナーにおかれていた
シーズン外れのフリチラリアの球根。
それも芽が出ている状態。
これだ!と購入して植え付け。

時期が遅かったにも係わらず、そこそこ順調に生育してやっと憧れの花が咲きました(^_^)
a0215484_2137737.jpg

10個以上の球根がそのまま芽をだしましたが、結局花は二つだけでした。
それでもうれしいです~。

ところが。
山野草コーナーのクロユリの根元にこれまたフリチラリアの花が。
すっかり忘れていましたが、どうも二年前の球根の生き残りのよう。
昨年はおそらく葉が少し出ていてもクロユリの子と勘違いしていたのかもしれないです。
こちらはさすがに2年越しなので今年の花より大きな立派な花が3つもつきました。
a0215484_21405633.jpg

a0215484_21415141.jpg

環境に慣れて増えてくれるかな。。。
[PR]
by akagi-inago | 2012-05-04 23:58 | お庭の色々